マテリーの「気ままに読書、ワッショイ!ジモツアー」(旧:新書日記)

大好きな読書と地元を巡った記録を、思うまま綴ります。

【4.トラウマは、存在しない】嫌われる勇気を通して分かった!気づいた☆オフィス心理

まさゆめ工房の大崎雅裕です!こんにちは。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ベストセラー「嫌われる勇気」を丁寧に読み進めるうちに、オフィスでの数々の不思議な出来事が次々と解決しました。

1日1項目ずつ、本音で現場のオフィス心理に迫ります。

 

 

(ポイント)

☆アドラー心理学では、トラウマを明確に否定する。「自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定するのである」

仮にご友人が「自分は両親に虐待を受けたから、社会に適合できないのだ」と考えているのだとすれば、それは彼のなかにそう考えたい「目的」がある

 

f:id:osakiyokaka:20161111074153j:plain

 

「上司が無能だから、部下の面倒見が悪いから、私は会社に適応できないのだ!」多くの読んでいる方は、うなづいてくれそうです。「ウチの上司、何とかして」(笑)

 

対上司に限らず、同僚にもちょっとした言い訳は日常茶飯事。小トラウマたくさん。

 

小トラウマの例はともかく、すべてのトラウマを明確に否定することは、正直ハードル高く感じるのではないでしょうか。

でも、それで考えることを止めては前に進めません。また、トラウマやそれを否定することについて、十分理解していないかもしれません。

先を読んでから、再びこの項目に戻ってもいいのではないか、と気を取り直しました。

 

f:id:osakiyokaka:20161111080542j:plain