マテリーの「気ままに読書、ワッショイ!ジモツアー」(旧:新書日記)

大好きな読書と地元を巡った記録を、思うまま綴ります。

この時季の風物詩

まさゆめ工房の大崎雅裕です!こんにちは。

 

横浜は、きょうも晴れ渡りました。

好天に恵まれた日が続くと、身体もつられて軽くなったような気がします。

 

カフェでこのブログを書いているとき、11月に入ったにもかかわらず、

すっかり忘れてしまった、ある風物詩を思い出させてくれました。

 

それは・・・年賀はがきです。

f:id:osakiyokaka:20161106103814j:plain

 

私は年々、年賀はがきを書く枚数が減り、ポストに投函する日も遅くなっています。

それにつれ、ネットで新年の挨拶をすることが多くなりました。

知り合って仲良くなった方でも、住所を知らない場合もあります。

その代わりメール「アドレス」が、住所の役割の一部を果たしているのでしょうね。

 

50枚以上の年賀はがきをテーブルに置き、丁寧に手書きでしたためている姿を見て、

懐かしさを覚えるとともに、心を込めることの大切さを教えてくれました。